読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prune.

好きなことを好きなだけ。

音楽の未来: CDはサブスクリプションに殺されるのか

秋も深まってきたなんて書きたい10月初めですが、9月末なのに30度近くまで気温が上がったりとまだまだ半袖で過ごせる今日此頃です。僕は夏が好きなのでこんな感じがずっと続いてほしいと思いながらも、読書の秋、食欲の秋…うーん秋も案外悪くないななんて思ってしまいました。

さて、今日は「CDはサブスクリプションに殺されるのか」というちょっと物騒なタイトル。でもそんな未来がもう、すぐそこまで来ているかもしれないのです。

サブスクリプションとは、Apple MusicやLINE MUSIC、そして先日3年越しで日本でサービスを開始したSpotifyに代表される月額いくらかを払えば音楽が聴き放題になるというサービスのこと。(厳密に言えばNetflixなどの動画サブスクリプションサービスもあるんですが、ここで言うサブスクリプションは音楽サブスクリプションに限定します)

米国では何年も前からサブスクリプションの代表格であるSpotifyが若年層を中心に愛用されていたのですが、ここに来て日本でもサブスクリプションを使う人達が増えています。

そんななかで旧来からのメディアであるCDの未来はどうなるのかと僕は少し心配になってきました。というのも僕自身がCDの必要性を最近あまり感じなくなってきたからです。書籍に関してはKindleを持っていながらも、本棚に並べておくのが好きなので断固として電子書籍ではなく本物の書籍派な僕ですが、音楽に関してはどうもそうではなくなってしまった。

これはひとえに僕を取り巻く音楽の環境が大きく変わり、そして僕だけでなく多くの人たちにとっても環境が変わってきたからではないでしょうか。

今多くの人たちはスマートフォンiPodウォークマンなど携帯音楽プレーヤーを介して音楽を聴いています。ポータブルCDプレーヤーやMDプレーヤーで音楽を聴いている人なんて、少なくとも僕の周りでは誰もいない。電車でも見たことがない。

そうなるとほとんどの人たちは音楽をこれらのデジタルプレーヤーで再生するために一度CDをPCに取り込まなくてはいけません。僕はこれが面倒だと感じるようになってしまった。中高生時代はCDを買ったり、CDをTSUTAYAから借りてPCで読み込むというプロセスを何度したことか。いやあ、本当数え切れないほど借りたんだから。いくらデジタルだと言えども、1枚のCDを読み込むのに5分程度はかかります。たった5分だけどされど5分。10枚あったら、50分だし。

それが今ではサブスクリプションを使えば1タップで音楽が聴けちゃう時代です。しかも音楽ライブラリは3,000万曲以上。とんでもない数の古今東西の音楽が揃っている。それが1タップ。ストリーミングはもちろんのこと、ダウンロードでさえ1タップ。最近の高速なネット回線を使えばダウンロードだって速い。

それでも料金は月たったの1,000円程度。契約をし続ける限りライブラリに追加した音楽はほぼ自分のもののような扱いで利用することができます。(DRMの面倒な話はありますがここでは割愛しましょう)

ちなみに僕はApple Musicを使っています。AWA、LINE MUSIC、Google Play MusicSpotify一通り使ってみましたがやっぱりしっくり来るのはApple Musicでした。AWAとLINE MUSICは洋楽の品揃えが本当に悪い。ちょっとでもマイナーな音楽になると全然取り揃えられていない。邦楽やTop 40の類に関しては全然問題ないんですけれど。あとは同じJ-Popでもインディーになると一気にダメです。Google Play MusicSpotifyは洋楽に関しては取り揃えが良いけれど、邦楽がいまいち。同じアーティストで比較してもApple Musicには一通りあるけれど、Spotifyには1、2枚のアルバムしかないなんてこともありました。まだローンチしたてということもあるけれど、3年も待たせてこれでは正直戦うのは難しいのではないだろうか…と思ってしまいます。数年前にアイドル戦国時代なんて言われている時期がありましたが、今は言うならばサブスクリプション戦国時代。Spotifyが日本市場でシェアを取るには遅すぎたかな…という印象です。Google Play MusicはUIというかインターフェイスがあまり好きになれない。Androidライクだから、iOSユーザーにはちょっと違和感があるのかもしれません。

Apple Musicはインディーにしても邦楽にしても相応の品揃えがあります。やはりiTunes Storeを持っている強みなのかレーベルへの圧力なのか…笑

さて、そんななかで僕はCDを買うというメリットをあまり感じることができなくなってきてしまいました。たしかに大好きなアーティストに関してはCDを買うという選択肢もまだまだあるけれど、ひょいと気になる音楽をまずCDで買うという選択肢が果たしてあるかどうか…。まず第一にCDは高い。邦楽のCDは特にそれが顕著です。洋楽ならアルバムでも1,500円程度なのに、邦楽だと平気で4,000円くらいする。サブスクリプションと比べると価格差は顕著です。

そして多くの場合、DVDやBlu-rayに限定の特典映像をつけることで付加価値を与えようとしていますが、そもそもYouTubeで4KレベルのBlu-ray超えの動画が観れる時代に高画質でもないDVDの動画にどれくらいの付加価値があるでしょうか。IT業界のマウスイヤーにコンテンツのサプライヤー側が追いつけていないというのが現状。

さらにCDはモノとしての価値があるけれど、サブスクリプションはモノとしての実態がないため、魅力に欠けるという考え方もあります。しかし、前述したように多くの人たちは音楽を購入したらステレオの前でジャケットを眺めながらゆったりと聴くことはできず、PCのドライブにCDを入れてそれを即座にMP3やAACの圧縮フォーマットに変換し、小さなプレーヤーで再生しているのです。それだったら、サブスクリプションで聴くのと大きな差があると言えるでしょうか。おまけに128Kbps程度のビットレートで聴いていたら、サブスクリプションより低音質になってしまうのです。

ちなみに僕はハイレゾハイレゾリューション)音源の意味に対しても懐疑的です。多くの人たちがハイレゾ級の音質を要求しているとは全く思えません。そもそも大半の人たちがAppleの純正イヤホンで音楽を聴いている環境でハイレゾによる音質の差異が価値をもたらすとは考えられないからです。オーディオ愛好家の人たちにとっては十分に価値があり魅力的なハイレゾですが、大半の人にとってはファイルサイズが大きいだけの存在という扱いになってしまうのではないでしょうか。

たしかに音楽は芸術で、アルバムやシングルはアーティストの大切な作品です。そこに異論は全くありません。しかし音楽の聴き方が変化しているなかで、肝心の再生するときは完全デジタルの、モノとして存在しない状況で聴いているのに、買うときはモノとして実態ある形で売っている意義が疑わしいと僕は少し思ってしまいます。

だからこそ、僕はモノとしてのCDを売り続けるのではなく、モノを伴わないデジタルコンテンツの形でCDのジャケットにあたる存在を作り出していく必要があると思います。インタラクティブSNS時代に適した新しいクリエーションの仕方があるのではないでしょうか。例えば、VR技術を利用してその音楽が創造する立体的な芸術世界を表現するとか。音楽という平面的な芸術をコアに、立体的な芸術を立ち上げることも十分可能なのではないか。

そしてそういう形で音楽を売りはじめるつまりCDでの音楽販売をやめ、モノを伴わない完全デジタルコンテンツとして音楽を提供することで、ライブの価値や需要が更に高まることは必至です。ライブは生でアーティストの音楽に触れることができる体験であり、モノとしての価値を超える存在だから。CDという形のモノは多くの人たちがたくさん買ってくれるけれど、ライブにはあまり人が来ない。それよりもよっぽどCDというモノは無くなってしまったけれど、サブスクリプションでみんな音楽は聴いてくれている、そしてその音楽を気に入ってライブに多くの人が来てくれるという方が素敵だと僕は思います。CDというモノによる体験ができなくなれば、必然的に人はそのモノ分の代替としてライブへ行くという選択を選ぶのではないでしょうか。

さらにCDの売上数上の価値付けはオリコンチャートという不透明な存在にほぼ独占されています。かつてはこのチャートが十分な機能を果たしていましたが、ダウンロード配信やサブスクリプションなどが台頭し音楽の聴き方が多様化するなかでオリコンチャートの数値が持つ価値性はかつてほどではなくなってしまいました。

しかしこれがサブスクリプションがメインになれば、おそらく再生回数やプロモーションに関してもアーティストが管理ツールを利用し実態的に把握できるようになるため、より透明性が高く効率的な活用が可能になるでしょう。アナリティクスの有用性も高まります。これはアーティストにとっても得なことではないでしょうか。

CDからサブスクリプションへの過渡期と言っても過言ではない昨今。CDやサブスクリプション、そして音楽業界の未来への関心は高まるばかりです。