読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prune.

好きなことを好きなだけ。

雑誌"Tokyo graffiti"が照らす東京とは

皆さんはTokyo graffitiという雑誌を知っているだろうか。2ヶ月に一回発刊される定価480円のスナップ誌。性別や年齢層に関わらずライトに読むことができる雑誌だ。僕はこの雑誌が大好きなのだけれど、今日はこの雑誌の魅力について少し書いていきたいと思う。読者がこれで少しでも増えれば何より。

■芸能人を起用しないスナップ誌という魅力

Tokyo graffitiは芸能人をあまり多く起用しない。もちろん、芸能人が特集として紙面に出てくることはあるが、あくまで雑誌の主体は一般人だ。街中で見つけた素敵な人がこの本を彩っている。芸能人に関しても、所謂サブカルなどに造形が深い人物が取り上げられることが多い。最近では、二階堂ふみや青柳文子が取り上げられている。

僕はこの一般人を主体とする姿勢にこそ、この雑誌の真髄があると思う。今多くの雑誌では、いかに有名な芸能人を表紙にしたり特集することで部数を稼ぐかということにあまりに躍起になりすぎている気がする。例えば、何か映画やドラマの主演が決まるとあらゆる雑誌がその主演の芸能人でうめつくされたり。最近で言えば、広瀬すずが一時期多くの雑誌の表紙に出ていたのも記憶に新しい。(と言っても僕は広瀬すずが案外好きなので彼女を批判するつもりはない)ただ、これは雑誌のコンテンツ力で勝負するのではなく、その芸能人のネームバリューで勝負する行為にほかならない。小説の表紙だけをお洒落にして、中身は三流作家の駄作と言った具合だ。本はコンテンツ勝負でなくてはいけないのではないか。ただ、現実としてそのように芸能人を起用しなければ雑誌の売上が望めないほど厳しい状況に出版業界が置かれている現実もまた無視はできないのだ。 

■多様性を容認するTokyo graffiti

Tokyo graffitiという雑誌はある意味、特定の主義・主張を持たない軟派なメディアであるといえる。というのもTokyo graffitiは常に、これ、良いな。この人たち、良い感じ。という感性的な基準をもってコンテンツが選定されているように思えるからだ。雑誌を読む僕たちがこの雑誌に望んでいるのは、ロジカルなものではない。フィーリングを重視した、なんかこれ良いなという気持ちを刺激する雑誌、それがTokyo graffitiなのではないか。だからこそ、Tokyo graffitiではギャルやヲタクは勿論のこと、LGBTやマイノリティな人々を決して差別することなく平等なものとして受け入れている。軟派だからこそ、Tokyo graffitiは逆にブレない。常に良いものは良い、素敵なものは素敵だという完成でコンテンツを選んでいるのだ。だからこそ、Tokyo graffitiの多様性は半端ない。ある意味カオスとすら言える。しかし、そのカオスがTokyo graffitiの名に相応しく、東京の多様性を彩っているのだ。日本中、世界中から多くの人が集まってくる首都、東京の未来を形作る雑誌はまさしくTokyo graffitiなのではないか。

■フレキシブルな文化都市「東京」を形成するメディアとしての役割

日本はしばしば排他的だとか、頭が硬い国だと思われがちだ。しかし、グローバルな流れが進行していくなかで、東京をフレキシブルな文化都市として成長させることは必要不可欠だ。ここで言う、フレキシブルな文化都市とはあらゆる文化や人々を容認し、それらを融合していく社会のことだ。世界最大の人口を誇る東京圏が、世界の様々な文化や人々を受け入れることができる寛容さを手にしたら、ニューヨークなどを超えるような世界最大の文化都市を形成することも十分可能だと僕は思っている。現段階でも、丸の内のようなモダンなエリアから、浅草のような江戸情緒を感じさせるエリア、秋葉原のようなアニメ・ゲームなど新しい日本の文化を象徴するエリアなど数限りない異なった特徴を持つ地域を内包するのが東京である。

この東京がよりフレキシブルに世界都市としての地位を文化的に高めていくためには、それこそTokyo graffitiのような雑誌がもっとフィーチャーされるべきなのだ。僕はこの雑誌にこそ、東京のポテンシャルが隠れていると思う。多くの人が息づくこの街で多様な人間が個々の生活を日々営んでいる。その人たち、各々を取り上げ新しい文化を受容していくことこそが東京に今必要な姿勢だと僕は強く感じている。

リオ五輪で盛り上がる中、次の舞台は東京だ。4年後、東京はどんな姿を僕達に見せてくれるのだろうか。少なくとも僕はTokyo graffitiのような文化的に優れたフレキシブルな街、東京を目にしたいと心から願っている。

Tokyo graffiti(トウキョウグラフィティ) 2016年 08 月号 [雑誌]

Tokyo graffiti(トウキョウグラフィティ) 2016年 08 月号 [雑誌]