Prune.

好きなことを好きなだけ。

【超短編エッセイ】La nuit―夜

たまっている下書き記事が大量にある。いずれ然るべきタイミングにアップすればよいのだけれども、然るべきタイミングとやらが来るのかどうかは分からない。

夜は深く、深海のなかにいるような気分になる。

美しい音楽が夜を彩れば、夜の部屋の灯りは少しで構わない。東欧を思わせるその音楽は、もう少し続けて聴くとアジア風にも思えるし、結局のところ無国籍音楽かもしれない。

消える。様々な音を構成する要素が、そして区分が。この文章についても、誰が書いているのか、どのようなことを書いているのか、何を伝えようとしているのか、ということが消える。意味がない。

雑音は最悪だ。街に出ると、雑音にあふれている。雑音の尊さを主張する人もいるだろう。街を構成する要素としての雑音。しかし、その雑音は僕を苛立たせ、あるいは、酷く疲れさせる。そのような経験を持つ人はわんさかいるだろう。

写真の中の人が微笑む。映像のなかの景色がリアルを超える。ノイズキャンセリングイヤホンがかき消す音。

画面は明るい。部屋は暗い。その妙なコントラストが、現実の隠されていた諸事実を表沙汰にしてしまう。忘れていたはずなのに、隠していたはずなのに、と舌打ちをする人が現れる。けれど、事実は深夜に明らかになってしまう。構造的に、しかも連続的に。

夜の街の静けさ、まばらな車のヘッドライト。しかし遠くの高速道路を進む多くのトラックの姿。見えないもの、今ここから見えないものが作り出す事実を考える。

今夜も続く。クラブハウスで、ワンルームの一室で、24時間営業のスーパーで。それぞれの夜。明らかな夜。繰り返す夜。

【短編小説】Matters of Concern

冷房をガンガンに効かせた部屋なのに、少しエアコンの風が弱くなると途端に暑く感じてしまう。暑がりは、外に出られないし、暑がりは、黙ってエアコンの効いた自宅で読書をしたり、音楽を聴いたりしている方が良い。

ただの霧みたいな、ただの雨みたいな、ただの風みたいな、瞬間が夜に突然やってくる。ただ現れ、ただ流れ落ち、ただ吹き荒ぶような瞬間の連続がやってくる。

正直、あまりに甘い考えだったのかもしれない。それがあまりに簡単で、適応的だったからといって、それの自立性が容易に揺らぐわけがない。

ある種の甘さ、寛容さは、別の側面から捉えればある種の堅牢さであり、自信の現れなのだ。

BPM130で踊ろうと友達がいう。踊っても問題は解決されないし、事態を後回しにするだけなように思える。けれど、自分にはそれが必要なのだろう。

踊ることで身体感覚が鋭敏になり、自己に対して自覚的になる。視覚の観点からは、他者が同様に踊り狂っている様をみて、正常や異常、安全や危険といった単純な二項対立がいとも簡単に壊れてしまう、機能を無効化してしまうことを認識するだろう。

結局のところ(あるいは、つまるところという表現を使ってもよい)それがもたらす磁力に対して抗うことが最も適当であるのか、それとも共鳴することが適当なのか、といったことについて僕らは悩みくれているのだ。

「くたびれた」と彼女はいう。思考することに?あるいは、踊ることに対して?

しかし、夜は流れる。そのとき彼女は何というだろう?僕は実際的な課題についていかに説明できるだろう。

いつだって今ここだけが、本当の意味で正しく、厳然たる事実なのだ。いつかどこかは、きっと存在しないし、それはずっとMatters of Concernであり続けるだろう。

ただただ流れていく時間や、ただただ正確に各駅に停車していく鉄道と、サイレンを鳴らし続ける緊急車両、灯りのつかない信号は全く異なるものだ。正常と異常という差異。しかし、正常も異常であり、異常も正常であるのかもしれない。

「結局の問題は、」と彼女はいう。続けて彼女は「事実と仮定、正常と異常といったものが瓦解してしまっていることだと思う。それは0と1の壊滅的な混同だし、海と陸が一体化するくらい強烈なことな気がする。」と口早にいう。

まるでことのすべてを知り尽くしているかのように。

【短編小説】偽物と本物、あるいはその脱構築

偽られた顔を眺めて、本当のことは決してこの口から語られることなどないのだろうと思う。なぜなら、僕も嘘をついていて、結局のところはお互い様だったからだ。

「大したことはない」と彼は言う。僕はそんなふうに楽観的にはいられないんだ。本当は大したことだったのだと思う。けれど、大したことを何度も繰り返していくうちに、それは大したことではなくなってしまった。

おかしいことを繰り返していると、僕たちはそれが日常だと思ってしまい、おかしいことに気づけなくなる。偽りの顔が、平生の顔になる。なんて恐ろしいことだろう。

彼女は満面の笑みを見せる。その裏側に隠れたもの、極めて作為的に作られた満面の笑み、本当のことを語ることの難しさ、本当が本当でなくなってしまうことの厳しさ、ありとあらゆることがBad Reputationとして、僕には降り掛かってくる。

もうどうにもできない。処理落ちなのだ。

ポートレートの写真が歪む。本当に美しい人が、本当に汚く見えたりするのだとしたら、写真は結局のところ、本当のものなんて何一つ写し出していないのではないか。結局は認識というフィルターを通してしか、写真というマテリアルに接触することはできない。僕らは媒介されるものを何度も通過して、そのうちに歪んでいく。曇っていく。

信頼できるものは朽ちる。やっぱり処理落ちなのだ。

「大したことはない」と彼は繰り返す。そのうち、彼女も彼に同調するかのように「そうだよね。大したことなんてない。ない。」と呪文のように言い出すようになるのだ。

現実に現れる漫然とした不安。長雨の外を眺めるため窓を開けると、高い湿度が一気に襲ってきて僕たちはますます不安になってくる。

7月の憂鬱。

I can feel it and I know it's so strange and crazy but I also agree that I don't have to stop and cry for such a thing. There's no place to wait you and me.