Prune.

好きなことを好きなだけ。

【超短編エッセイ】withコロナというポジティブさ

落ち込んだり、悲観的になったりすることが、過剰なポジティブ思考信仰によって忌み嫌われ、否定されたりする。これもある種のアメリカナイゼーションなのだろうか、様々な人たちが普通と思っていることが、実は文化的に構築され、輸入されたりしている可能性を考える。

コロナウイルスの蔓延は収まる気配がない。緊急事態宣言という名ばかりのレギュレーションを経験した僕たちは、それで事態が一旦は収まると思っていた(はずだ)。しかし、事態はそれほど甘くはない。というより、現実はいつもそうなのだ。

現実ほど恐ろしいことが起こる場所はない。文学や映画の世界でも恐ろしい、とんでもないことは起こるが、現実はそれ以上のことが平気で起こる場所だ。そもそも現実の想像力で物語は考えられているのだから、現実はそれを飛び越えるリアルさを持つはずだ。

コロナによって、僕たちは外部を消失しつつある。今ここから抜け出して、どこか遠いところや、自分の知らないところへ行くこと。それが外部へ飛び出るということだった。

しかし、全世界的にパンデミックとなっている現在、外部はもはやない。すべてが内部であり、そもそも外部があったとしても、外部への渡航は禁止されている。

人々が自らの住む地域に閉じこもり、あるいは、部屋に閉じこもり、友達と酒すらまともに飲めず、何かを表現することすら困難になっている。そして極めつけのマスクによって、他者の表情が隠蔽され、さながら僕たちはマスのなかの顔なき機械といったところだ。

僕たちを蝕んでいるのは、コロナウイルスによる医学的な問題というよりも、僕たちの社会を構成する基盤が崩れていくという問題なのだ。

一人で酒を呷りたくもなる。

しかし、こんな気持ちになっているのは自分だけではないはずだ。というより、かなりの人がこんな気持ちな気もする。そういった意味では、今般の閉塞感は全世界的かつ全世代的に共有されている、人類史上でも稀有な共通の感覚なのかもしれない。皮肉な話だけど。

【超短編エッセイ】コロナとある種のリアルについて

コロナ以前と以後で、圧倒的に変わってしまったことがある。それは街のリアルであり、世界のリアルだ。

僕たちが生活を営むまさしくその場としての都市、そしてあらゆるものやひとをつなげてきた世界が虚構化し、閉鎖されているということだ。

一見すると街は賑わいを取り戻し、多くの人が仕事に、娯楽に、様々な物事を楽しんでいる、そうした多様性が成立しているように見えるかもしれない。

しかし、私たちの都市、私たちの世界から決定的に失われてしまったものは、それらが成立しているかもしれないというリアルの鮮度だ。リアルがいかにリアルらしいかということ。

数年前に撮った東京や、世界各国の都市の写真を見ていたら、懐かしさだけでなく、そこにはたしかなリアルがあると感じられた。

あるいは、今僕がある種の虚構のゲームの渦中にいるからかもしれない。それは資本主義的なゲームであり、同時にライフステージと密接に関係しているとされるゲームだ。

そこでは意図しないタイミングに電話がかかってきたり、一喜一憂が発生したり、嘘と真実が脱構築されたような言説が溢れている。

いったい「私たちの都市」や「私たちの世界」はどこへ行ってしまったのだろうと思う。どの街も、どの国も元気がない。安全のための制御や規制。他者を思いやるという名のもとに行われる強制。(決して共生ではない)

たしかに安全は大事だ。しかし、私たちはリアルを守らなくてはいけない。この都市、この世界の主権者は私たちで、そしてそれは同時にそれらを創造するのも私たちだということを示してくれる。「都市への権利」はどこへ行ってしまったのか。

カーテンが閉められたマンションの一室の灯りは、たしかにそこに生活があり、それらの集合体として都市や世界が構成されていることをありありと示す。大きなシステムがあって、それによってすべて動かされているなんていう構造主義にはうんざりだ。

今、写真を撮ろう。都市や世界の。そうしたとき、私たちは何を見ることができるか。そこにリアルを感じられるか。あまりに技巧的なリアル。虚構性。そうしたものをいかにして取っ払えるか。

【日向坂46】ひらがな時代のおすすめ曲、ぜんぶ紹介する & メンバー、全員紹介する

今年のはじめに突然、日向坂46にハマった。

きっかけは友人に勧められて、彼女らの冠番組であるテレビ東京『日向坂で会いましょう』を見たこと。アイドルでありながらも芸人並みのスキルをもった、個性豊かな彼女たちに驚いた。

そんな経緯で、今回は好きになった日向坂46のおすすめ曲をぜんぶ紹介してみたいと思う。

ひとまず今日は、日向坂46改名前のけやき坂46(通称、ひらがなけやき)の曲のなかで、おすすめのものを紹介したい。

けやき坂46『走り出す瞬間』収録楽曲】

・「誰よりも高く跳べ!」

まずはなんといってもこの曲は欠かせない。ひらがなけやきというよりは、アグレッシブで躍動的な漢字欅欅坂46)を思い起こさせるトラックだ。「錆びたルールなんか 重い鎖だろう 飼いならされてて いいのかい? 頷くな!」という印象的な歌詞は、まさしく漢字のDNAを受け継いでいるように思える。

・「W-KEYAKIZAKAの詩」

漢字欅ひらがなけやきの合同曲。MVには、ひらがな1期生の高瀬愛奈(まなふぃ)を除く全員が参加した。(後日、高瀬を含めたバージョンをリテイク。)この曲はMVを含めて楽しむのがベスト。
漢字欅を脱退した平手友梨奈が、アイドルをやらなかった人生(=パラレルワールド)を想像するシーンや、ひらがなけやきの生みの親である、長濱ねると米谷奈々未との確執(西中賢治『日向坂46ストーリー』pp.35〜39が参考となる)など、リアルに起きた出来事がMVに取り込まれている。

日向坂46ストーリー

日向坂46ストーリー

  • 作者:西中 賢治
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: 単行本
 

・「イマニミテイロ」

「誰かの背中越しに 世の中眺めてた」という歌詞が印象的なバラード。鳴かず飛ばずの日々が続いていた、ひらがなけやきの状況を示唆するような歌詞だ。誰かの背中とは、漢字欅のことだと想像ができる。そしてそれを越えていきたい、越えていかなければいけないという気概を感じさせる、少し切ない曲。

・「期待していない自分」

サビでの思い切った転調が癖になる一曲。日向坂改名以降は、ずっと小坂菜緒(こさかな)がセンターという配置が続いているが、この頃はみーぱんこと、佐々木美玲がセンター。「期待しないってことは 夢を捨てたってことじゃなくて それでもまだ何か待ってること」という歌詞を反芻してみると、なかなか良い歌詞だなと思う。

・「未熟な怒り」

この曲も、漢字欅っぽさを感じさせる。大人に対する批判精神、生きている意味への懐疑、目的意識の喪失といった思春期特有のアイデンティティ・クライシスを描く。サイマジョ(漢字欅のデビュー曲、サイレントマジョリティ)の延長線上にあるような楽曲。

・「ハロウィンのカボチャが割れた」

ハロウィンという楽曲タイトルにあるように、楽曲自体はとてもポップ。しかし、歌詞はよーく聞くとなかなかシリアス。「週末は週末は歯医者だって おかしいなおかしいな 誰といたんだ?」という歌詞があるように、君=彼女が知らない男といたことを友達から知らされ、それに不安を感じる僕という展開。

「モヤモヤがモヤモヤが まだ晴れない」の高本彩花(おたけ)の歌声と「聞いたのは 聞いたのは 君が好きだから」の潮紗理菜(なっちょ)の歌声が個人的に好き。おたけの歌声って、こんな感じなんだと、この間驚いた。

・「約束の卵」

ひらがなけやきから日向坂という流れを語る上で、この曲は無視できない。約束の彼の地を目指す彼女たちの夢が歌われた楽曲。着実にステップアップを重ねてきた彼女たちの歩みに「待ってくれるか?夢叶うまで 君のことを連れて行く 苦しくても諦めない 僕ら信じてよ」という歌詞が重なる。

・「最前列へ」

ひらがな2期生全員で歌うこの曲。最近、就活でキツい状況におかれるたびに、この曲を聴いている気がする。
前に立とうとしない(センター=最前列を目指さない)僕はある日、前の景色を見ていないことに気づき、負けたくないと強く願う。競争とは無縁だった僕が、最前列を目指し始めるという展開は、あらゆる闘う人たちにとっての応援歌だ。ちなみに、河田陽菜もこの曲に参加しているが、彼女の歌声は分かりやすい。すぐに聴いていて気づく気がする。

・「車輪が軋むように君が泣く」

隠れた名曲だと感じている一曲。親や教師に、夢想的な進路を批判される僕が思うことは「古い列車は古いレールを走る」が「次の世代は新しいレールの上」を走るということ。ここでの古いレールとは、親や教師といった大人たちが歩んできた道(過去)を指し、新しいレールとは僕の歩む道(未来)を指すと考えられる。
それにしても、秋元康はこういう曲をよく採用する気がする。彼の歩んできた道が、そのようなものだったからだろうか。

さて、今回の記事で、いくつかのメンバーの名前が出てきたが、日向坂のことを全く知らない人のためにも、メンバー全員の簡単な紹介を併せて載せておく。

名前 [よみがな] (あだ名)の順番で記述している。主な名言がある場合、それも記す。

続きを読む